2607629-twitch

Twitch上で無事、配信できる様になったかと思いますが
今回は過去に配信した動画をアーカイブとして残す方法とハイライト作成についてご紹介 
大雑把ではありますが、前回までの記事でTwitch配信できるようになってると思います
今回はその上でTwitchで出来ることを記事にしていきます

まず、デフォルト設定のTwitchでは配信した動画は保存されません
しかし設定を変えてやると、下の画像のように自動保存されます
past

まずは配信の自動保存のやり方から説明していきます

どこにその項目があるかというと2か所あり、1つはtwitchのHome画面だと上部にあります
自分のアカウントのところをクリックするとプルダウンメニューが開くのでそこにSettingがあります
ブラウザによっては設定と日本語になってたりするのかな?よくわからん
twitchsetting1

もう1か所は、ホーム画面以外だとブラウザの左端に下記画像のようにメニューが表示されている場合があるので
赤○したところをクリックで飛べます
twitchsetting2

そして移動先の設定画面の中のChannel &Videoタブの中のArchive Broadcastsの項目にチェック入れます
 channelvideos

チェック入れたらページ下部にあるSave Changesボタンを忘れずに押して適用させてね!
これで動画が自動保存されるようになりました
 
しかしこの保存方法はある程度期間が過ぎると自動で削除されます
再生数が少ない動画なら2日で消されたりしますが、それを防ぐ方法もあります

saveforever

Twitchで自動保存された過去配信を開き、設定の歯車アイコンをクリックします
するとメニューが出てくるので、Save foreverをクリックすると勝手に削除されることはありません
※2014/08/10追記
Save foreverの仕様が変わりTwitch無料ユーザーは保存期間14日、有料会員は60日で保存されているアーカイブは自動的に削除されるようになったようです

逆に、削除したい場合はその下のDeleteをクリック

そして配信した動画の一部分だけ切り取りたい!って場面も多いかと思います
そんな時は、ハイライトというものを作成する必要がありますので
同じ歯車アイコンからHighlightを選択してあげます

すると下の画像のようなページで切り取る範囲を設定できます
Highlight
まぁこれは説明しなくても見ればわかると思います
タイムバーと始点と終点をドラッグして決めてあげるのもよし
ページ右のStart timeEnd timeの時間を直接入力して微調整もできます
ハイライトとして切り取る範囲を決めたところで、Describe Highlightのボタンを押すと
タイトルとその説明を入力するフォームが出てくるので、そこを埋めたらCreate Highlightボタンを押して終了!

どこにそのハイライト保存されんの?って方は自分のアカウントのプロフィールを見てみましょう
Highlightup

うまくいっていればHighlightsタブに切り取った場面があると思います
ちなみに、作成したハイライト動画は簡単にYouTubeにアップロードも可能です

補足だけど、YouTubeにアップロードするにはどうすんの?って人にも説明
勿論YouTubeアカウントを持っている事が大前提なので、持っていない人はまずアカウント作成からどうぞ
ここはYouTubeアカウント持っている前提で進めていきます

作成したハイライトの歯車アイコンをクリックしてExportを選択すると
twitchyoutube

YoutubeとTwitchを紐付けることができます
場合によってはYoutubeアカウントにログインするためにパスワードなど入力しなければいけない事もありますので適宜入力していきましょう
ハイライト動画のタイトルと説明は自動入力されているので問題がなければそのままConnect and upload to YouTubeのボタンを押してアップロードは終了です
稀にYouTubeへのアップロードエラーが起きる場合がありますが、時間をおいて再度試すか日を改めてみましょう

uploadyoutube

YouTubeアップロード版


 Twitchハイライト版
Watch live video from toragoma on www.twitch.tv

見比べるとYouTubeのほうで解像度を1080pに上げると遜色ない画質になりますね
参考までに、現段階スマホでTwitch過去アーカイブを閲覧する方法はないので、YouTubeに移してからスマホで閲覧するのが無難かも 

 ※2015/11/15 追記
 11/15日現在スマホアプリ、twitchがバージョンアップされておりスマホからでも過去アーカイブを閲覧できるようになっています。